施設長より挨拶

鞆の浦は伝統と歴史のある港町です。人口減少と急激な高齢化が進んでいます。 一方、住民は地域への愛着が深く、互助精神が町の文化となっています。 鞆の町の中でさくらホームが取り組んでいることは、福祉専門職が地域の方々の力を借りながら、利用者さまが地域社会の中で家族および町の一員として尊厳ある暮らしを支えていくことです。 高齢者・障がい者・子供、多世代の人々が繋がって安心して暮らせる地域共生社会の実現に向けて職員一同、夢を追い続けています。ご理解と応援をよろしくお願いいたします。

さくらホーム 施設長 羽田 冨美江


施設長の著書紹介

「鞆物語」で当施設が紹介されています。
人の物語vol.3
素敵な写真とともに施設長の思いが掲載されています。ぜひご一読ください。

ノーマライゼーションのまちづくり
《鞆の浦まちづくり「ノーマライゼーション」の物語》
鞆の浦では、次世代に繋ぐ、誇れるまちに向けて、ノーマライゼーションのまちづくりが拡がりはじめています。 鞆の浦での具体的な取り組みや、鞆の浦のノーマライゼーションストーリーをぜひ、ご一読ください。